社会保険労務士法人グラース

イクボス企業同盟事務局
厚生労働省委託 テレワーク相談センター専門相談員(3名)
東京労働局雇用環境・均等部出身社労士在籍(2名)

在宅勤務制度導入支援

テレワーク(在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス勤務)が可能になると、集中して業務に向かうことで生産性が上がることが期待できます。
さらに今後は、在宅勤務制度を整えていることは、社員が介護を理由に辞めずに仕事を続けられるという意味で、人材定着の面でも非常に有効な働き方となります。
弊社ではデータはすべてクラウド上で管理し、想定されるセキュリティ対策をとっているため、社員はいつでも私生活上の予定があれば、在宅勤務をすることが可能であり、小学校の参観日などに利用されています。
また、代表と職員併せて3名が、厚生労働省委託事業 テレワーク相談室の相談員をしているため、在宅勤務制度の導入に必要な検討事項や起こりうる懸念事項について的確にお答えできると考えております。

在宅勤務制度導入フロー
・在宅勤務制度の導入目的の明確化
・対象者、導入時期、利用頻度等の検討
・在宅で行う業務の洗い出し
・考えられる懸念事項とその対応法の検討
・試行導入のフォロー
・制度およびルールの再検討

・在宅勤務の再試行
・在宅勤務規程の整備
・社内申請書類の整備
・社内説明会のフォロー
・導入後の改善アドバイス
※こちらの業務は(株)グラースとの契約になります。
※パートナーとチームを組んで対応する場合があります。
※費用は契約内容を伺ったうえで決定させていただきます。


当社は、東京都文京区でダイバーシティ推進支援とアウトソーシング業務を行っています。 主に、文京区、港区、中央区、千代田区、渋谷区、新宿区、豊島区、品川区など東京23区を中心に活動しておりますが、コンサルティング業務、セミナー、ワークショップなどは地方にも伺っております。 特に女性の活躍推進、男性の育児参画、仕事と介護の両立、在宅勤務制度、再雇用制度、短時間正社員制度の導入などは、独自のネットワークにより、幅広くフォローすることができる社会保険労務士事務所です。

↑ PAGE TOP