プライバシーポリシー


平成26年1月1日

お客様の個人情報保護に関する グラース社労士事務所の基本方針

グラース社労士事務所は、業務受託しているお客様の個人情報の保護が最も重要な責務の一つと認識し、個人情報保護に関する確約を徹底し、次のように取り扱います。

1法令等の遵守(コンプライアンス尊重)
グラース社労士事務所は、個人情報保護法、社会保険労務士法および機密保護の基準に従って、常にお客様の情報を厳格に管理し、個人情報を守ります。

2適正な取得、利用目的
お客様の情報の利用目的は受託契約書に明記し、取得と利用は、労働・社会保険諸法令に基づく事務所の業務遂行に必要とする最小限において使用し、必要とする場合以外は事務所外に持出したり口外しません。

3職員の教育、監督
お客様の情報の適切な取り扱いに関する教育を行い、当事務所から権限を与えられた職員だけがその情報にアクセスできます。事務所の個人情報保護に関する確約に違反した職員は、定められた処分に処されます。

4公表、開示
お客様の情報を他の組織・団体に公表することはいたしません。 お客様の指示がある場合、または労働・社会保険諸法令に基づく法律により必要とされる場合のみです。
また、従業員様からの直接の開示請求については、事業主様を経由して回答することとします。なお、開示内容により手数料が発生することがあります。

5業務委託
グラース社労士事務所が個人情報に関する手続きおよび給与計算の業務を外部に再委託することはありません。
今後、もし一部分でも外部に委託する場合には、お客様の了解を得て、必ず当事務所の機密保護基準に従うこと、および基準遵守状況確認のための監査ができることを要求します。

6第三者への情報提供
グラース社労士事務所は、目的の如何を問わず、外部組織・団体との間で個人に関する情報を共有すること、および第三者に提供することはいたしません。

7個人情報の加工
グラース社労士事務所は、いただいた情報をお客様の許可なしに独自に変えることはしません。

8廃棄処分
いただいた個人情報の法定保持期間を経過し廃棄するときは、クロスカットのシュレッダーを使用するか、専門の機密保護契約を結んだ外部業者に委託して行います。

9WEB上の管理
個人情報を取り扱うパソコンは充分必要なファイアウオール及びウイルスチェック機能を装備し、外部に持ち出すパソコンは起動時の認証機能を設定して移動します。

10連絡窓口の専任
お客様との連絡等はお客様が指定された貴社ご担当の方を通して行います。

11問合せ窓口
上記に関する お問合せは以下にお願いします。

グラース社労士事務所代表 社会保険労務士 新田 香織
お問い合わせ:こちらからお願いします。


メニュー

最新書籍

改訂版 さあ、育休後からはじめよう ~働くママへの応援歌~ 仕事と介護 両立ハンドブック

当事務所は、東京都文京区でワークライフバランス導入支援とアウトソーシング業務を行っています。

主に、文京区、港区、中央区、千代田区、渋谷区、新宿区、豊島区、品川区など東京23区を中心に活動しておりますが、コンサルティング業務、セミナー、ワークショップなどは地方にも伺っております。

特に女性の活躍推進、男性の育児参画、仕事と介護の両立や、在宅勤務制度、再雇用制度、短時間正社員制度の導入などは、独自のネットワークにより、幅広くフォローすることができる社会保険労務士事務所です。


認証書はこちらから
ご確認いただけます。